Books

【書評】沈黙のWebマーケティングから学ぶマーケティングの基礎基本

【書評】沈黙のWebマーケティングから学ぶマーケティングの基礎基本
困っている人

・マーケティングの基礎基本を知りたい

・沈黙のWebマーケティングでマーケティングが学べるの?

 

こういった、疑問・悩みにお答えします。

 

✅本記事の内容

・沈黙のWebマーケティングとは

沈黙のWebマーケティングから学ぶ

沈黙のWebマーケティングの「沈黙」って…

 

✅本記事の信頼性

副業ブロガーとして、月3ヶ月で5桁稼いだぼくが、初心者ブロガーさんに向けて、分かりやすく解説しています。

 

今回は、沈黙のWebマーケティングの書評です。

 

ブログ界隈では、有名なマーケティングの本です。

 

ウェブライダーの松尾さんが執筆し、内容も初心者にとても分かりやすいものになっています。

本書を読むと、マーケティングの基礎基本が分かりますよ。

 

マーケティング初心者の方は、最後までじっくり読んでください。

 

それでは、いきましょう。
Hikino

沈黙のWebマーケティングとは

沈黙のWebマーケティングとは

沈黙のWebマーケティングとは、「ハードボイルド系ノベル」+「わかりやすい解説」で学ぶマーケティングの実用書です。

 

は?

ですよね。笑

 

簡潔にいうと、「マンガで読む日本の歴史」的な感じです。

 

それぐらい噛み砕いて解説してます。

マーケティングに抵抗のある方でも、読みやすくまとめられています。

さっそく解説していきますね。



沈黙のWebマーケティングから学ぶ

沈黙のWebマーケティングから学ぶ

本書の内容を細く分けて、解説していきます。

・WEBデザインの本質

・セールスレター

・funnyとinteresting

・SNSの有効活用

WEBデザインの本質

いきなりですが、あなたはWEBデザインの本質をご存知ですか?

 

本書では、WEBデザインの本質を「言葉」としています。

 

WEBデザインをする上で、多くのデザイナーが失敗しがちなのが、ビジュアルの力だけで商品が売れると思っていることです。

 

しかし、現実は甘くありません。

ビジュアルだけのWEBサイトで、商品を売ることは難しいです。

 

そこで、テキストとビジュアルの組み合わせが有効になります。

ビジュアルにテキストが組み合わさることで、サイトの信憑性や消費者の購買意欲が高まり、売り上げアップに繋がります。

セールスレター

セールスレターとは、商品を売るための手紙です。

対象は、不特定多数の「みなさん」ではなく特定の「あなた」に書きましょう。

 

本書に記されているセールスレターのノウハウを紹介します。

 

セールスレターのノウハウ 7箇条

1 お客様の代名詞は、「皆さん」ではなく、「あなた」で書く

2 「ストーリー」を使って、お客様の感情を動かす

3 「写真」や「動画」を使い、ストーリーに足りない”リアル感”をプラスする

4 弱みや失敗談などの「ネガティブ情報」を入れ、”リアル感”と”信頼性”をプラスする

5 「お客様の声」や「販売実績」「受賞実績」などの情報を足し、”客観的な信頼性”をプラスする

6 お金の節約より「時間」の節約について訴求するなど、新たな軸でお客様に気づきを与える

7 ページ移動などでお客様のテンションを冷まさないよう、セールスレターはできるだけ「1ページ」にまとめ、ページの最後の文章まで気を抜かない

引用元:沈黙のWebマーケティング P 146

以上の7つを意識してセールスレターを書いてみましょう。

とはいえ、難しいですよね。

 

そのため、ぼくなりに簡単にセールスレターノウハウを噛み砕いてみました。

 

セールスレターを書く際は、「人対人」を意識しましょう。

画面の向こうにいる「あなた」に向けて丁寧に文章を書きましょう。

ストーリー秘話なども盛り込みましょう。

なぜ、その商品が完成したのかなどストーリーを盛り込むことで、お客様の記憶に残りやすくなります。

最後に、お客様の口コミを掲載しましょう。生の声は一番の信憑性に繋がります。

 

ホテルやお店を予約する際に、あなたは口コミをみませんか?

それと一緒です。

自分がお客さんになったときのことを想像してください。

「お客様の声」は商品やお店の信頼性の担保になります。

以上が、セールスレーのまとめです。

funnyとinteresting

funnyもinterestingはどちらも「面白い」という意味です。

 

本書では、interestingに注目しています。

 

funnyとinterestingの違いを簡単に説明します。

funnyとは「エンタメ系YouTube」であり、interestingは「ビジネスノウハウ系YouTube」のことです。

前者は、爆発的にヒットし、短期的にバズります。

後者は、すぐにヒットすることはありませんが、中長期的に支持を受けやすいです。

 

YouTubeであれば、funny系コンテンツが伸び、収益も上がりやすいです。

しかし、商品を売るのであれば、funny系コンテンツでは厳しくなります。

 

なぜなら、ビジネスは中長期目線で展開するからです。

 

あなたは一発屋芸人になりたいですか?

それとも長く活躍できる芸人でいたいですか?

その答えが、ビジネスがinteresting支持される理由です。

SNSの有効活用

WEBマーケティングにおいて、SNSの活用は欠かせません。

 

売りたい商品や発信したい情報によって使うSNSは変わりますが、本書ではTwitterを推奨しています。

Twitterに関してアドバイスをするのであれば、アカウントは自身のコンテンツを紐付けておく必要があること。

 

家具を売りたいのに、食べ物の投稿ばかりしていても意味がないですよね。

まずは、自身の発信軸を極めましょう。

 

正直、本書に記されているTwitterの運営方よりも、「Twitter フォロワー 増やし方」などでググった方が有益な情報でてくると思いますよ。笑

 

沈黙のWebマーケティングの「沈黙」って…

沈黙のWebマーケティングの「沈黙」って…

本書が読者に伝えたい「沈黙」とは、調子に乗るなということです。

 

コンテンツが充実し、軌道に乗り始めると天狗になりがちなのが人間です。

軌道に乗っているからこそ、取材依頼やお仕事依頼が殺到するでしょう。

 

そこで、一旦は断る勇気を推奨します。

なぜなら、ネットに掲載されたり過度に取り上げられると、妬みや誹謗中傷の原因になりかねないからです。

 

あなたは「沈黙」できますか?

 

まとめ:インプットの次はアウトプット

まとめ:インプットの次はアウトプット

今回は、沈黙のWebマーケティングの書評を行ってきました。

 

本書を読み終えたら、さっそく行動です。

ブログやYouTubeを始めるといいですよ。

 

残念なお知らせです。

本書を読んで行動に移す人は、100人いたら5人くらいです。

 

あなたは行動できますか?

自分の将来を考えてくださいね。

 

ありがとうございました。
Hikino

-Books
-

© 2020 Hikinoブログ Powered by AFFINGER5