Books

【書評】「私に、時間をください」と、妻は言った。【イケハヤさんの偉大な奥様】

【書評】「私に、時間をください」と、妻は言った。【イケハヤさんの偉大な奥様】の書評
困っている人

・インフルエンサーの奥様ってどんな人?

・私に、時間をくださいってどういう意味?

・イケハヤさんなんかやらかしたの?

 

こういった、疑問・お悩みにお答えします。

 

本記事の内容

  1. 本書の内容
  2. 「私に、時間をください」と、妻は言った。
  3. 人材採用で悩んだので、妻に相談してみた
  4. 炎上している自覚はない

本記事の信頼性

今回は、「私に、時間をください」と、妻は言った。の書評です。

 

イケハヤさんの奥様が登場する書籍です。

 

イケハヤさんとイケハヤさんの奥様との対談形式で本書は進んでいきます。

 

イケハヤさんに的確な指摘をする奥様もすごいですが、何事もなかったかのように平然とスルーするイケハヤさんをみることができます

 

普通の夫婦間の会話かもしれませんが、面白い発見があったので、記事としてシェアしますね。

 

3分あれば読める内容なので、サクッとどうぞ。

 

それでは、いきましょう。
Hikino

 

本書の内容

本書の内容を説明する

 

本書は、イケハヤさんとイケハヤさんの奥様による対談形式の書籍です。

 

イケハヤさんは、大きな決断をするとき、奥様にご相談されているようです。

 

おそらく、本書に記されていないだけで、かなりご相談されているのではないでしょうか。

 

夫婦で信頼しあっているというか、なにか温もりを感じる書籍です。

 

本書を読み終え思ったことは、日本は今日も平和だなってことですね。

 

「私に、時間をください」と、妻は言った。

「私に、時間をください」と、妻は言った。内容を説明する

 

本書のタイトルになっている内容です。

 

子育てを理由に、働かないという選択肢は違うと奥様は考え、イケハヤさんに相談する内容です。

 

注目すべきはここです。

「子育てしながら稼げる」という方法がないのかなぁ、と。がっつり保育園に預けないと仕事ができない、というのは嫌なのよね。

引用元:「私に、時間をください」と、妻は言った。

 

世の子育てをしてるお母様に届けたい一文ですね。

 

旦那が稼ぎ、奥様は家事・育児ってのは古いですよね。

 

どうせなら、旦那も妻も稼ぐってのが楽しくないですか。

 

育児が落ち着いてから…とか思って先延ばしにする人、その後なにか挑戦しましたか。

 

多くの人が、言い訳を繰り返して挑戦していないように思えます

 

育児が、家事が、は言い訳に過ぎません。

 

ありがたいことに、今の時代は自由に稼げるようになってきました。

 

イケハヤさんの下記書籍でも言及されています。

 

タイトルにサラリーマンとありますが、関係ありません。

 

主婦、フリーター、学生、どなたにも対応しています。

 

 

すぐに行動できるものばかりなので、サクッと行動しましょう。

 

 

人材採用で悩んだので、妻に相談してみた

人材採用で悩んだので、妻に相談してみた内容を説明する

 

イケハヤさんは一時期、「イケハヤ書生」というものをやっていました。

 

今回は、イケハヤ書生の誕生秘話みたいな内容です。

 

注目すべきは、この発言です。

ほら、人件費が安いから。言ってみれば、ここは「10万で人が飼える」んだよ、すごいじゃん。で、「放牧」してると活躍してくれるんだよね。

引用元:「私に、時間をください」と、妻は言った。

 

面白い考え方ですよね。

 

10万円で人を飼って(放牧教育)、価値を少しずつ返済してもらうという。

 

時代をさきどった、「イケハヤベーシックインカム」とでもいいましょうか。

 

イケハヤさんは、インフルエンサーでもあり、教育者でもあります。

 

今でこそ、集客して教育して販売という流れが主流になってますが、イケハヤさんはもっと早くから取り組んでますね。

 

時代を生きるパイオニアは、行動が速いです。

 

時代の流れに取り残されないためには、もちろん自主学習は必要です。

 

そして、イケハヤさんをマークしておくと、さらに理解が深まると思いますよ。

 

炎上している自覚はない

炎上している自覚はないことを説明する

 

イケハヤさん=炎上は、イケハヤさんの代名詞かもしれませんね。

 

それぐらいよく炎上しています。

 

直近では、You Tubeのメンバーシップを始めるにあたって炎上し、サプリを販売する上で炎上しています。

 

これだけ炎上するとメンタルが…と思いますが、イケハヤさんは違います。

色々な気分とか都合で狙うことはあるけど……趣味みたいなもんだよね。炎上は。暇なときに燃やしてみたくなる感じかなぁ。

引用元:「私に、時間をください」と、妻は言った。

 

ゴールはここでした。

 

この思考こそが、イケハヤさんの鋼のメンタルを形成しているといえるでしょう。

 

とはいえ、ラジオやTwitterでは、アンチの相手をするのは消耗すると訴えているので、アンチのみなさん、ほどほどにしましょう。

 

人を叩く時間があるなら、自分のコンテンツを作ったほうがずっとコスパいいですよ

 

まとめ:イケハヤさんの奥様は偉大

まとめ:イケハヤさんの奥様は偉大とうことを説明する

 

今回は、「私に、時間をください」と、妻は言った。についての書評をしました。

 

当ブログで紹介した内容は、一部に過ぎず、本書には魅力的な対談がたくさん載っています。

 

ほら、人件費が安いから。言ってみれば、ここは「10万で人が飼える」んだよ、すごいじゃん。で、「放牧」してると活躍してくれるんだよね。

引用元:「私に、時間をください」と、妻は言った。

先程紹介した内容です。

 

奥様は、これに対してどう返すのか気になりませんか。

 

おそらく、イケハヤさんを驚かせる返しをするのでは…

 

続きが気になる方は、ポチッとどうぞ。

 

>> 「私に、時間をください」と、妻は言った。

 

イケハヤさんが炎上したときも、新しい挑戦をするときも、いつも支えてくださってるのが奥様です。

 

素敵な奥様をパートナーとしたイケハヤさんを羨ましいと思いつつ、今後も応援していきます。

 

最後に、イケハヤさんの思考はとても勉強になります。

 

イケハヤさんの思考を、完全無料で学べるツールがあります。

 

下記よりサクッと登録しちゃいましょう。

イケハヤさんの思考を学ぶ

 

ありがとうございました。
Hikino

-Books
-, ,

Copyright © Hikino Blog , All Rights Reserved.