Blog

ブログライティングを早くするコツ【結論『型』にはめればOK】

ブログライティングを早くするコツ

困っている人

・ブログライティングを早くしたい

・ブログライティングに時間がかかりすぎる

 

こういった、疑問・悩みにお答えします。

 

本記事の内容

・ブログライティングは『型』にはめて終わり

・ブログライティングが早くなるコツ

・ブログライティングを早くする『型』

今回は、ブログライティングを早くするコツを紹介します。

 

結論、ブログライティングを早くするコツは『型』にはめて、終わりです。

 

ぼくも記事をライティングする際、これから紹介する型にはめて執筆しています。

型にはめるまでは、4時間ぐらかかっていたライティングが、型にはめてからは、2時間半まで減りました。

ブログをする上で、この1時間半は大きいですよね。

 

記事を早く書きたい人は、型をパクってもらって構いません。最後までじっくり読んでください。

 

それでは、いきましょう。
Hikino

 

 

ブログライティングは『型』にはめて終わり

ブログライティングは型にはめて終わり

冒頭でもお伝えしましたが、ブログライティングは型にはめるだけなんです。

 

毎日記事を更新するのに、一から文章構成考えてたらしんどいですよね。

そこで今回紹介する型は、『SDS法』です。

 

詳しくは、後半で解説します。

 

まずは、型にはめるために、ちょっとしたコツを紹介しますね。

紹介する『コツ』を知ってるだけで、型にはめるのが楽になります。

 

ブログライティングが早くなるコツ

ブログライティングが早くなるコツ4つ

ブログライティングが早くなるコツを紹介します。

ここを疎かにすると、早く記事を書くことはできません。

 

ブログライティングが早くなるコツ①:目的と読者を決める

1つ目のコツは、目的と読者を決めることです。

 

つまり、ペルソナを設定しましょう。

 

・年齢

・性別

・職業

・趣味

・家族構成

・悩み

・夢

・どんな生活

こんな感じで、細かく設定しましょう。

 

本記事で例えると、

・年齢:30歳

・性別:男性

・職業:土木系

・趣味:パソコン

・家族構成:奥さん、子供2人の4人家族

・悩み:副業で始めたブログだが、ライティングが遅くて記事更新が遅い

・夢:土木を辞めて、副業で生活する

・どんな生活:節約をし、必要最低限の生活

本記事の設定はこんな感じです。

将来、副業で生活したいと思っている「お父さん」の悩みを解決するために、書いています。

 

なんとなく記事を書くといのはやめましょう。

目的のない文章は、どこか弱さを感じるため、読者の悩みを解決できません。

 

ペルソナを設定するだけで、記事の方向性が決まり、文章がスラスラ書けます。

 

ライティングが早くなるコツ②:素材(ネタ)を集める

2つ目のコツは、素材(ネタ)を集めることです。

 

素材(ネタ)がないと書けないですよね。笑

・読書

・SNS

・セミナー

・日頃の生活

集め方はたくさんあります。

 

しっかり準備してください。

詳しくは下記記事で解説しています。

>> 【即効性強め】ブログのネタ切れを解消する7つの対策と無料ツール

 

ライティングが早くなるコツ③:時間配分を決める

3つ目のコツは、時間配分を決めることです。

 

人間の集中力は、長く続きません。

そのため、時間を区切ることで、効率よく作業ができます。

 

ぼくは、こんな感じでブログを書いています。

・7:30~9:00(キーワード選定・構想)

・18:30~21:00(ライティング)

・21:30~22:30(アップロード・投稿)

全部が全部、この通りにはいきませんが、時間配分は、いつもこんな感じになります。

 

上記の作業を、一気にやるってなるとしんどくないですか?

そもそも、本業がある人はどうするの!?ってなりますよね。笑

効率よく作業をするために、時間配分はしっかりしましょう。

 

ブログライティングが早くなるコツ④:一気にライティングする

4つ目のコツは、一気にライティングすることです。

 

初心者ブロガーさんにありがちですが、ライティングを2回、3回に分けてたりします。

確かに、初めのうちは迷いながら書くことも多いと思いますが、まずは書ききる。

そのあと、読み直して修正すれば、問題ありません。

 

時間配分をすつ際、ライティングはまとまった時間を取っておきましょう。

一気に書くためです!

 

ブログライティングを早くする『型』

ブログライティングを早くする型

コツも分かったところで、いよいよ型を紹介します。

 

今回紹介する型は、『SDS法』です。

SDS法とは、「Summary ・ Details ・ Summary」の略です。

・Summary=記事の概要

・Details=記事の詳細

・Summary=記事全体のまとめ

かなり記事を簡潔に書くことができます。

初心者におすすめの手法になります。

 

本記事を例に、説明します。

 

Summary=記事の概要

初めに、自分の伝えたいポイントを「~について伝えます、紹介します、説明します」と書きだします。

 

Details=記事の詳細

次に、Summary(記事の概要)を具体的に説明します。

 

Summary=記事全体のまとめ

最後に、「以上のように~についてお伝えしました、紹介しました、説明しました」とまとめます。

本記事でまとめてみましょう。

 

SDS法を使ってまとめる

【Summary=記事の概要】

本記事では、ブログライティングを早くするコツを紹介します。

【Details=記事の詳細】

コツを理解すれば、あなたのライティングスピードは、飛躍的にアップします。

コツ①:目的と読者を決める

コツ②:素材(ネタ)を集める

コツ③:時間配分を決める

コツ④:一気にライティングする

【Summary=記事全体のまとめ】

以上、あなたのライティングスピードが、飛躍的にアップするコツを紹介しました。

スッキリまとまりますよね。

 

文章が長文になりがちの人は、この型を意識すると、まとまった美しい文章になります。

簡単なので、意識してみてください。

 

『コツ』と『型』を意識してブログライティングをしよう

今回は、ブログライティングを早くする方法をお伝えしました。

 

本記事を読み終わったら、早速使ってみてください。

ライティングスピードが上がりますよ。

 

記事を積み上げると、ライティングスピードは自然とあがります。

初めは、しんどいかもしれませんが、根気強く記事を書き続けてください。

 

ありがとうございました。
Hikino

-Blog
-

© 2020 Hikinoブログ Powered by AFFINGER5